筆文字ロゴの書廊弥栄とは

筆文字ロゴの書廊弥栄1

心を癒し、和ませ、励まし、勇気づけてくれる!

古い時代から、墨・筆で書き上げた書は、日本人のこころに深く響き、
書には日本人の魂を揺さぶるものがる。
書は生きものであり、魂が宿っている。

古くから、言葉はこころの音であり、書はこころの画だといわれ、
書く人の感動を伝え、見る人の共感を得るものである。
書には、本来の言葉の持つ意味を惹きつける魅力がある。

昔から人の集うところには「書」があり、人はそれを見て心を和ませ、
癒され、そして励まされ、勇気づけられたのであろう。

「書」は日本の伝統、多くの方が書に親しみ、触れていただきたい。

「書」を身近に感じていただきたい。



筆文字ロゴの書廊弥栄2

長い年月、先人たちから継承してきた、日本の伝統文化の一つ「書道」
書道は「カリグラフィー」という飾り文字文化の一つに挙げられる東洋独自の美術であるともいえる。

書道界だけでなく、他分野とのコラボレーションを試み、枠を越えた活動、展開をはかり
新たな書を創造し、新しい書の世界へ挑戦して行きたい。

日本独自の伝統「日本の書道」を世界に伝えていきたい。

「書」を通じて、世界との交流を深め日本の伝統美を世界へつたえていきたい・・・。

プロフィール

松本重幸1

松本重幸2

筆文字ロゴ等を紹介するFacebbokへ

書家
1961. 2.22 生
大分県出身
大分市在住 無所属

書歴 40年以上
小学校から書道を始める。高校卒業後、独学で書と向き合う。この間展覧会出品、個展歴無し。

2009年  5月 大分県美術展 初出展 優秀賞
11月 初個展 (ぎゃるりーら・ぱれっと:大分市)
2011年  10月 伊勢神宮奉納書道展 金賞、献書出品
2012年  10月 伊勢神宮奉納書道展 神路山賞、献書出品
2013年  6月 第8回 アーティスト100人展(ouchi Gallery:ニューヨーク)
 10月 NO LUNAR 伍人展(能楽堂:大分市)
2015年   10月 ニューヨークにて個展開催決定

この間各方面より、伝統書揮毫、筆文字・ロゴの依頼を受ける
(講演会題字、店舗名・看板文字、パンフレット、焼酎等のボトルラベル文字、商品パッケージロゴ、応援文字
クラブ応援文字、Tシャツ文字、お祝い書、ウェルカムボード、命名書、創作書(額装・軸装・パネル仕上げ)、他